ポイントサイト

陸マイラーにおすすめのクレジットカードは ANA VISAワイドゴールドカード

みなさん、こんにちは~ ピヨンヌです。

今回は陸マイラーにおススメのクレジットカードのお話をしたいと思います。

なんか、最近陸マイラーシリーズが続いていますね 苦笑

本来は、旅行や住宅購入をテーマにして書きたいのですが、もう少し皆さんにお伝えしたいことがありますので、その後別のテーマも書いて行きたいと思います。

スポンサーリンク


陸マイラーにおすすめのクレジットカードは?

実は、今からおすすめするカード以外のカードを私は陸マイラーになってから使用していました。

それはエクストリームカードという入会費と年会費が無料(年会費は年間30万円のクレジットカード使用で無料)のカードで、ソラチカルートのマイル還元率が1.3%程度になるものです。

家族カードも1枚無料で作れるので、夫婦で貯めるのにも最適でした。

その時は陸マイラー初心者でしたので、とりあえず会費が少ないなかでマイル還元率が高いカードを選ぶと、エクストリームカードの一択だったんですよね。

しかし、このエクストリームカードが2017年9月に廃止になり、リーダーカードというブランドに変更になりました。苦笑

そしてポイントからマイルへの還元率が1.1%ぐらいに改悪されるという悲劇もセットで。。。涙

まぁ、それでも年会費が実質無料になるカードで約1.1%のマイル還元率なら、初心者には十分なんですが、継承されるリーダーカードは新規加入はできなくなっているんです。

 

つまり、今後廃止に向けて進んでいくんだと思います。

なので、現在の陸マイラーにおすすめのマイル獲得用クレジットカードは、ANA VISAワイドゴールドカードで決まりです。

ANA VISAワイドゴールドカードの特典

ANA VISAワイドゴールドカードは、通常の還元率がエクストリームカード程度ですが、リボ払いを使用することで、還元率を1.5%以上に高めることができます。

普通リボ払いをすると支払い金額も増えるのでイマイチですが、毎月決まった日に手続きをすることで、支払い金額をほとんど増やさずにリボ払いを使用したことにでき、ポイント還元率を上げることができます。(これは他のサイトを確認してくださいね。笑 私が実践していないことなので、ほかの優秀な陸マイラーさんのブログを参考にしてもらうのがいいのではと思います。)

この作業が手間だと感じてしまっていたので、以前私はこのカードをメインカードにはでませんでした。でも、この面倒な作業をしないで、ポイントをちょっと減らしたとしても、ほかに2つ大きいメリットがあります。

皆さんが最終的にANAのマイルで特典航空券を予約する場合はいいのですが、マイルをANAスカイコインに変更してから通常の流れで予約する場合、このカードを持っているとポイントの変更レートが通常の1.5倍から1.6倍に改善されます。つまり、1万マイルをスカイコインに変更すると、通常1.5万スカイコインになるのですが、それがこのカードを保有していると1.6万スカイコインになります。

例えば、ハワイ往復のエコノミー航空券をローシーズンに予約する場合、ANAでは4万マイルが必要になります。また、別途燃油サーチャージや空港使用税などがかかるため、手出し費用は1万円程度かかります。

 

では、これをANAスカイコインに交換するとどうでしょう?

ANA VISAワイドゴールドカードでなくても、6万コインになります。ローシーズンのハワイ往復チケットは8万円程度で使用できるので、手出しの金額は2万円とマイルで予約した時と比較して1万円程度の差です。

これが、ANA VISAワイドゴールドカードを持っていると6.4万コインになるので、5千円ちょっとの差になりますよね。

これ、すごくメリットがありませんか?

 

みなさんご存知かもしれませんが、マイルでの航空券の予約は用意されている席が少ないため、予約をとるのがすごく難しいんです。一方、スカイコインに変更して予約する場合は、通常通りクレジットカードや現金で予約するのと同じなので、座席数が全く異なります。

陸マイラーの多くの方は、だいたいビジネスクラスに以上の座席を予約して、優雅な旅を満喫している方が多いです。それはハワイ往復でも6万マイルで予約できるからです。追加2万マイルでビジネスクラスに乗れるなら、頑張ってクレジットカードをポイントサイトで2枚発行してビジネスを狙いますよね。

でも、小さい子連れの場合は、子供が騒ぐので、ビジネスクラスに乗るのはちょっと気が引けてしまいます。高いお金を払ってビジネスに乗っている方からしたら、子供が騒ぐのって嫌ですよね、たぶん。こちらもそう思われていると思うと、せっかくのビジネスを楽しめないですしね^_^;

なので、実際に私達は家族4人分のエコノミークラスを、マイルからスカイコインに変更して通常の航空券を予約しました。マイルでの予約との差額はザックリ4万円。

ANA VISAワイドゴールドカードを持っていれば2万円程度です。ポイントサイトでクレジットカード2枚余分に発行すれば、足りない分を補填できます。2万スカイコインから余分に必要なマイルを逆算すると、1.4万マイルあれば十分です。

つまり、4万マイル×4人=16万マイル+1.4万マイル=17.4万マイル。これで、ローシーズンに家族4人でハワイ旅行が無料でできます。ソラチカルートの年間マイル交換上限である21.6万マイル以内ですよね!

年に一度のハワイ旅行をイメージしているのであれば、スカイコイン変更時のレート改善から、十分1.4万円の年会費や家族カードでかかる4千円がペイしますよね。また、リボ払いの使用やウェブ明細の使用で年会費は9千円ぐらいまで引き下げることができます。そして毎月1回、ちょっと面倒なリボ払いの対応をするだけで、1.7%を超える還元率を実現できます。

すごく魅力的なカードですよね。そもそもゴールドカードなので、一般的なゴールドカードに付帯するようなサービスも享受できますし。

 

そして、最後にもう1つおすすめのポイントがあります。

それはマイルの特典航空券予約ではなく、普通に航空券を購入してフライトした場合、獲得フライトマイルは、通常の1.25倍獲得できます。

なので、特典航空券ではなくスカイコインに変更してから航空券を予約する方は、是非このANA VISAワイドゴールドカードをお勧めします。

参考までに、ハワイ片道でエコノミーの区間基本マイルが3,831マイルなので、往復で通常7,662マイル獲得できます。

更に通常のフライトマイルより1.25倍のマイルがもらえるので、このANA VISAワイドゴールドカードを持っていれば、9,577マイルを獲得できます。余分に1,915マイルが獲得できるということです。いいですよね。

スポンサーリンク


 

まとめ

このANA VISAワイドゴールドカードのメリットは、まずシンプルにポイント還元率がいいです。

しかし、それ以外のメリットは、このクレジットカードを保有しながら、スカイコインに交換して航空券を予約することです。

・スカイコインへの交換レートの向上(1.5倍→1.6倍)

・特典航空券ではないので、予約がしやすい

・特典航空券ではないので、フライトマイルが獲得できる

ね!意外といいですよね~ 皆さんも是非試してみてください☆

 

次は、JALマイルが貯まった場合に、高換算レートでANAマイルに変更するお話をします。

その他、ポイントサイトでのポイント獲得方法については、以下のリンクをご参照ください。


スポンサーリンク


ピックアップ記事

  1. アストラゼネカの新型コロナ向けワクチン接種体験談(2021年5月)

関連記事

  1. ポイントサイト

    陸マイラーのマイル獲得方法 (1)ポイントサイトでクレジットカード作成

    みなさん、こんにちはピヨンヌです。今日は陸マイラーの海外旅行の仕方…

  2. ポイントサイト

    陸マイラーのマイル獲得方法 (2)ポイントサイトでFX口座開設

    みなさん、こんにちはピヨンヌです。私が前回ハワイへ旅行した時は…

  3. ポイントサイト

    ポイントサイトのモニター案件でポイント獲得 ちょびリッチ・ポイントタウン・ファンくる

    皆さんこんにちは〜〜 ピヨンヌです。前回までは、ポイントサイト…

  4. ポイントサイト

    陸マイラーのマイル獲得  ポイントサイトでのポイント獲得からマイルへの変更方法

    みなさん、こんにちはピヨンヌです。過去数回にわたりポイントサイ…

  5. ポイントサイト

    陸マイラーのマイル獲得方法 ポイントサイトで(3)保険面談(4)マンション購入相談

    みなさん、こんにちは~ ピヨンヌです。私が前回ハワイへ旅行した…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

人気の記事

最近の記事

  1. 住宅購入のメリット

    プラウドシーズンの戸建ってどう? マンションクオリティの戸建です!
  2. ロンドン駐在生活

    アストラゼネカの新型コロナ向けワクチン接種体験談(2021年5月)
  3. おすすめの買い換え

    3軒目の住宅購入のメリットとは?
  4. おすすめの買い換え

    住宅2軒目を購入 住宅は10年ぐらいを目途に買い替えがおススメ☆
  5. 生活お役立ち情報

    子連れロンドン駐在員の住宅選び(1)子供の教育環境が全て
PAGE TOP